}

豚キムチ45歳 終わりが近い

豚キムチ45歳今日もぼくは生きてます

会社をブラックにしたのは自分自身だ

豚キムチ45歳です@kaifuku45いつも遊びに来てくれる読者の皆様本当にありがとうございます!

今日は久々の日雇い労働で汗をかいてきました。たまには運動しないとね!


f:id:b-kobuta:20190114003622j:image

自分の会社は本当にブラックなのでしょうか!?

友人や知り合いと仕事の話をしていると、自分の会社はマジでブラックだよ!って会話をよく聞きます。あなたは自分の会社をブラック企業だと思いますか?僕は在職中、常に自分の会社はブラックだと思って長年勤務していました。同僚達との飲み会でも必然的にそういった話題で話し込むことがおおくありましたし実際の現場も飯抜きなんてしょっちゅうでしたから、ブラックと言ってもおかしくなかったと思います。では会社は企業として何も努力をしてこなかったのでしょうか?いえ、どちらかと言えばかなりの努力をされていたのではと思います。残業を減らすのはもちろんですが、月に一度好きな日に休めたり健康状態を把握するために色々なチェックをおこなったりと、社員のための改善策を積極的に取り入れておられました。ではどうして自分の会社をブラックと言い続けたんですかね

自分の会社をブラックと言い続けた理由は!?

ブラックと言うことで、自分はこれだけ仕事をしていると認めてもらいたかったんです。

....ただただそれだけの理由です。役職がつくころには会社から成果を求められるのは当然です。入社した当時はプロセスだのビジョンだのとあーやこーや教え込まれますが、収益を出してこその理念は当然のことであり、中堅クラスの社員には必ず数字を求められるのがつきものです。30代のぼくはマネージャーとして部下も付けてもらい担当部署の成果をあげることが最優先でした。しかし現実はそんなにあまくはない...いつからか、会社からやめろと言われている残業を勝手におこない、休日出勤はしてはいけないと言われているのにもかかわらず会社へ行く.....そんな生活が10年以上続きましたね。そして口からこぼれるのは会社の愚痴ばかり同僚との会話は

「明日出勤するよね」

休日出勤のことです、仲間との会話は

「明日休みだけど会社行かないと」

誰も出勤しろと言ってません

まとめると

これは僕の、僕自身の話であってみなさんの現状と同じとは限りません。ぼくは会社をやめた今だからこそ言えるのですが、本来とてもクリーンな企業をブラック企業にかえてしまったのは自分自身だというのが結論です。

自分が仕事でうまくいかない事やいろんな悩みごとをブラック企業という言葉を利用して

本来は真っ白な会社を真っ黒に塗り替えていたって話です。もちろん本当にブラック企業は存在しています。他社のリサーチや情報交換をしたりしていましたので、かなり重症な企業も見受けられます!そんな時は迷わず逃げることをおすすめしておきます。命あってのことですからね!今年は働き方改革も大詰めを迎えることでしょうし、もっといろんな議論がなされることを期待しています。

豚キムチ45歳

今は派遣労働者としてその日暮らしです。

悩みは共有することで心身にかかる負担がへるはずです。

 

以上です