}

豚キムチ45歳 終わりが近い

豚キムチ45歳今日もぼくは生きてます

豊かな生活より質の高い生活をするために僕は会社をやめました

豚キムチ45歳です@kaifuku45いつも遊びに来てくれる読者の皆様本当にありがとうございます!

ここ数日寒さがもどり灯油ストーブの燃費も下降線をたどる一方です。すでに明日の分の灯油がない・・・派遣労働に精をだし、稼いだ賃金で灯油とガソリンを買う。残るのはわずかです


f:id:b-kobuta:20190118083824j:image

quality of life

生活水準があがれば幸せですか?ブランドの服、高級料理海外旅行・・・単なる欲をみたしているにすぎない!まさに30代のぼく自身です。欲とお金に振り回され続けた過去との決別!自己破産寸前まできたところで人間にもどることができて良かったです。債務整理してるんで、自己破産とかわりませんけどね...

幼少期

僕の家は決して裕福な家庭ではなかった。父は朝から夜おそくまで働きどおしで、母はパートと内職をかけもちしてました。家にはおばあちゃんとお兄ちゃんと犬と猫おやつも買ってもらえない家庭でしたね。でも70年代はみんな貧乏だったから、いやだと思ったことなかったな。貧乏ゆえに食べ物にはとくに厳しくいわれました。学校でも残さず食べるのが当たり前で給食の時間に食べられない子は放課後食べさせられてましたからね♪やりすぎかも知れませんが、それくらい飯が食えることに感謝しろってことだったんでしょう。

なんか話それてきたな、ブランドの服も食べ物も悪くはないです!じっさい高額な商品ほど品質もいいからね。ただし感謝の気持ちがなければ意味がないって話です。生産者、販売員、全てにおいて感謝をわすれずに生活をすれば質の高い生活をおくることができているといえるでしょう。

まとめ

あなたは今の生活に自分らしさを見いだせていますか?生かされていることに感謝していますか?今日現在も食べることすらままならない子供たちが世界中にたくさんいます。ぜひ感謝の気持ちをわすれずに飯をくってください。

貧乏な人とは、少ししか物を持っていないひとではなく、無限の欲がありいくらあっても満足しない人のことだ

世界一貧しい大統領ホセムヒカ氏の言葉が

胸に突き刺さる今日この頃です

豚キムチ45歳

今日も生かされていることに感謝です

以上です