}

豚キムチ45歳 終わりが近い

豚キムチ45歳今日もぼくは生きてます

依存症を克服するには最も身近にいるパートナーの理解と協力が必要です

豚キムチ45歳です@kaifuku45いつも遊びに来てくれる読者の皆様本当にありがとうございます!

ぼく自身ギャンブル依存症であり、いまなお克服できずにいる重症患者です

いまさらかよ・・・ではなく今からです!

できることをやりましょう。f:id:b-kobuta:20190130224735j:image

寝る前に今日一番気になるニュースです

 

headlines.yahoo.co.jp

 

カジノが運営スタートすればパチ屋はどうなるのでしょう

 

過去の大勝や4号機時代の爆裂が忘れられずに今日もせっせとパチ屋に通う40、50代は

いったい何人くらいいるんでしょう。

そしてその中に借金をしてギャンブルに興じている方はどれくらいの割合になるんでしょうね(*_*)調べれば分かりそうな気もしますがなんとなく想像できるんで調べるのはやめときます。もちろん僕自身が借金してまでギャンブルにどっぷりはまってた張本人です。

さて

実際にカジノの運営がスタートすれば、ハイリスクローリターンのパチンコパチスロから

カジノへ流れ込む人は多い気がします。

依存症対策を大手が結束して行うとは、、顧客離れを防ぐためにパチンコ屋さんも必死なんでしょう。かと言ってパチンコ屋は潰れてしまえばいいとは思ってません!それで飯食ってるひともいるし、その人達にも家族がいるわけですから・・・かといって依存症患者の状況は本当に深刻です!企業と顧客のバランスがとれれば一番良いとは思いますがギャンブルの世界においては非常にむずかしい問題であることは間違いないでしょう。

さて

企業努力は認めますがぼくの経験上から言わせてもらうといくらパチンコ屋さんが依存症対策をされたとしても依存症患者が減ることはないと思ってます。

パチンコに限らずギャンブル全てにおいて

メーカーサイドの対策などただの気休めにしかなりません。

有効な特効薬もありませんし、いくら啓発したとしても右から左です。

家族や友人、周囲の人達を傷つけてでも

同じ過ちをくりかえすやっかいな病気です

 

 

借金はもちろんギャンブルをしていること自体を隠そうとする

 

借金していることを自慢気に周囲に話す人はあまりいないでしょう。ぼくももちろんそうでしたし今でも家族以外には言ってません。

多重債務なおちいったときは借金だけでなくギャンブル自体もやってませんみたいな話を周りにしつつ、時間があれば借金を返すためにギャンブルをしてギャンブルをするために借金をするという最悪のループが続いてました。周りに言わないってことは良くないことをしている感覚が自分の脳裏にあるからなんでしょう。

 

良き理解者がいるだけで状況は変わってくる

 

タイトルに

パートナーと書きましたが奥さんだけではありません。両親、兄弟、友人、先輩後輩

とにかく病気を理解してくれる人が近くにいるといないでは大きな違いがでてきます。

ぼくの場合は両親でした。

もちろん借金の状況や依存症等々がわかったときは叱責も受けましたが、そんな僕を受け入れ今もささえてくれてます。

奥さんとは・・・いずれ書くことにします。

もし一人で抱え込んでいたら今も借金をしていたでしょうし、もしかしたら最悪死んでたかもしれません。

とはいえ借金の事を話せるパートナーって

本当にいないんですよね・・・

仲の良い人ほど言い出せない!後ろめたい気持ちが大きいんだと思います。

 

まとめ

 

もし一人で悩み続けてるって人がいたら

ブログを活用しましょう

僕自身ブログを始めて知りましたが、依存症に対して真剣に取り組んでおられる方が沢山おられます。同じ悩みをもつ人達でつながりを持ってみるのは依存症克服へ向けての第一歩になるはずです!

 

もちろんぼくも依存症患者の気持ちは痛いほど理解してますので、ご意見ご質問ありましたらお気軽にコメントしてください(^-^)ゝ゛

 

 

豚キムチ45歳

初めてパチンコ屋に足を踏み入れたのは

15歳の時です。依存症と奮闘して約20年は過ぎたかと思いますが、今日も頑張って生きてます!     

 

以上

 

 


ギャンブル依存症ランキング