}

豚キムチ45歳 終わりが近い

豚キムチ45歳今日もぼくは生きてます

正しい借金とは?

豚キムチ45歳です@kaifuku45いつも遊びに来てくれる読者の皆様本当にありがとうございます!

 

唐突ですが

ぼくは重度の多重債務者です

 

プロフィールです

b-kobuta.hatenablog.com 

3年前に債務整理をしてもらって現在も借金を返済している45歳の既婚者です。

債務整理した時の借金総額は600万をこえてました(T0T)

 25歳の頃からカードローンに手をだし多いときで最高9社と契約していた重症患者ですね

 今からネットで申し込もうって方がおられましたらぜひ読んでみてください。

最初に言っときますけどこの記事は借金を助長するための記事ではありません!

これから借金をしようと思っている方達が人生を棒にふらないためのお力添えができればと思いながら書いてます。

もちろん借金がない方や興味のない方も一度目を通してもらえるとうれしいです

今後まわりで借金に苦しんでおられる方のアドバイスやサポートに役立つかと思います

 

f:id:b-kobuta:20190205155018j:image

 

今回は序章として僕が多重債務におちいるまでの経緯を紹介させていただきます。

 

先輩にかりた三万円が引き金に

 

社会人として3年が経過して結婚もしました

裕福とは言えませんがそれなりの生活はできていたと思います。

この当時いつも遊んでた先輩に借りた三万円が多重債務への引き金になるとは当時は思いもしませんでした。

当時のぼくのお小遣いは三万円でした。

飯代とタバコ、飲み代なんかを三万円でやりくりしてましたから当然パチンコに行く余裕などなかったんです。

でも先輩に誘われるとついつい悪い虫がざわついて会社帰りにちょこっと行ったりしてました。

優しい先輩は軍資金がない僕にいつもお金を貸してくれました。

「返すのはいつでもいいよー」って言ってくれるんで甘えてしまってたんですね。

 

適当な嘘をついて奥さんに三万円もらってすぐ返すんですがすぐパチンコに行きたくなり

また借りたりする繰返しでした。

 

そのころ会社はわりと景気がよくて

ブラックではありましたがそれなりの給料をもらうことができました。

とくに報償金は現金支給だったため多ければ10万前後の現金を給料とは別にもらってました。

この辺りから少しずつ金銭感覚が麻痺ってきていたわけですが等の本人はそのことにまったく気付いていなかったわけです。

 

お金の使い方がどんどん派手に

 

この頃はよく飲みにもいってました

週5とか(笑)今ではありえない飲み方です。

しかも一件の飲み代が五万円とかです・・

バブルも弾けてんのになにやってたんでしょうね(*_*)中小企業に勤める20代の若造が使える金額ではなかったと思いますが当時はためらいもなく札束をばらまいてました。

 

先輩に借りては返すの繰返し

 

あ、先にこれ言わしてください!

先輩が悪いわけじゃなくて完全に僕が悪いんです(T0T)

いつものように軍資金がなくなると先輩に三万円かりてパチンコに行くのが日常茶飯事になりつつありました。

返せなくなるって考えは微塵もなしです

なぜなら報償金とパチンコがあったからです。

そして当時のパチンコパチスロは今と違ってハイリスクハイリターンの爆裂の黄金期です

勝つときは20万以上とかもちょこちょこあり

財布はいつも万札で膨れ上がってる状態です

 仕事も順調で、休みもなく朝から晩まで働きどおしもざらでしたが、その対価として現金をいただいてましたのでまさか返せなくって困ってしまうことになるとは当時のぼくは考えもしてませんでした。

 

 

ついにやってくる不況の影響

 

調子に乗りまくってたぼくは20代半ばになってました。

いつまでもいいことが続くわけもなく

ついに壁にどん底に落ちることになります

突然突きつけられた報償金カットの通達です

無くなるわけではなかったんですが大幅なカットが実施されて10万もらえたのがせいぜい2万くらいまで下がりました。

それでも一度味を覚えたぼくの夜遊びとギャンブル癖は治るどころかますますエスカレートしていくわけです(T0T)

 

とうとう三万円が返せなくなった時にぼくは・・・

 

それまでは借りたお金はできるだけ早く返していましたがついに返せなくなってきてしまいます。

優しい先輩は状況を分かってくれてて

いつものように「いつでもいいよー」

と言ってくれるわけですが、さすがに月をまたぐのは良くないとバカなぼくでも感じていたわけです。

 いやそもそも借りるなよ!って話ですが

そこがぼくの弱さでして・・・

でも借りたお金は返さないといけないわけで

ついに無人くんへと足をふみいれてしまうわけです。

 無人くんとは当時TVのCMでもよく流れてましたのでご存じのかたも多いかと思いますが、消費者金融が設置している無人の契約機です。アコムがCMで有名でしたがぼくはたまたま会社の近くにあったプロミスの無人契約機を使い本格的な借金デビューをはたすことになります。

 

まとめ

 

 いかがでしたでしょうか

ぼくが多重債務者になっていく最初のころの話を書いてみました。

 毎月の固定給ではなく不安定な報償金やギャンブルで稼いだお金から返すと言う間違った考えをしてしまってたのが痛いです。

この辺りからぼくはギャンブル依存症に突入していきます!

まさに暗黒の時代の幕開けです。

 

 長文になってきましたので今日はこの辺で

次回part2では3万円の借金が600万円までふくれあがる恐怖の過程を書いていきます。

 

 最初はみんな数万円・・・それがいつの間にか数十万・・・気がつけば数百万です

 

 そんな僕の異変に周囲はうすうすなにかを感じとり問い詰められることもありましたが、

嘘に嘘を重ねて見事にやり過ごしていきます

これが快感になりだすともはや抜け出すことのできないアリ地獄に落ちたも同然です。

 

 もしこの記事を読んで頂いた方の周囲に

最近ちょっとおかしいかもって人がおられましたらケンカしてでもとことん問い詰めてあげてください!

いつも書いてますが多重債務や依存症患者にはみなさんの理解と協力が大切です

どんどん自分一人で抱えこみ悪い方にしか行きませんからね(T0T)

ぼくのような人間がこれ以上増えないことを願います(///∇///)

 

豚キムチ45歳

借金返済折もついにおり返しを迎えました

今はしんどいですがここが踏ん張り所です

明日も必死で生きていきます

 

 

以上

 

ランキングの応援もお願いします(//v//)


ギャンブル依存症ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村