}

豚キムチ45歳 終わりが近い

豚キムチ45歳今日もぼくは生きてます

ギャンブル依存症は一生終治らないのでしょうか?依存症との共存生活

豚キムチ46歳です@kaifuku45いつも遊びに来てくれる読者の皆様本当にありがとうございます!

今日は依存症という病気について書いてますそんなに長くないので最後まで読んでくれると僕は喜ぶと思いますよ

これからギャンブル依存症と向き合おうとしている方へ

ぼくが借金を作った原因の1つとしてやはりギャンブルは避けてとおれないでしょう。パチンコ、パチスロ、競艇、競輪、競馬とあらゆるギャンブルにお金を溶かしてきたましたからね( TДT)でも今はまったくギャンブルをしたいという衝動が無くなってて、これはもう依存症が治ったんじゃないの?と思っても良さそうなんですが、未だに自分のことを「ぼくはギャンブル依存症患者です」と言い続ける理由が有るんですよね!

実は過去にも1年位やめていました

んー正確にいつからとかは覚えてませんが、パチスロの四号機に規制が入って5号機に移行して行ったときですかね。4号機からうってた方はわかると思いますが、しばらくは新台が入ってもすぐ閑古鳥が鳴いてましたよね。徐々にギャンブル性の高い台が出てくるわけですが、ぼくが再びホールに通いだしたのは後輩のこんな一言でした

後輩「きのう5千枚でましたよ」

ぼく「え、今そんなに出るの?」

後輩「ARTですね♪結構噴きますよ」

4号機の撤去にともない新基準がホールに出回り始めた当初はあまりのつまらなさにアッサリパチンコ屋から遠ざかったぼくでしたが何気ない日常会話から一瞬にしてスリップしてしまいました。

まとめ

これという病原体がある訳でもないし、何がきっかけになるかも分かりません。つまり、依存症に回復はあっても完治はないというのがぼくの考えです。良い状態をどれだけキープしていけるかが鍵になるのでしょうが、それも人それぞれで、こうすれば良くなるなんて方法を結論づけるのは難しいと思ったりしてます。これが未だに自分をギャンブル依存症ですと言い続ける理由です。

 

www.butakimu.work

www.butakimu.work

豚キムチ46歳またしても面接落ちました(笑)

しれっと報告しておきますが、落ち込んでる暇はないので次頑張ります!ってことで今日もぼくは生きてます!

以上です