}

豚キムチ45歳 終わりが近い

豚キムチ45歳今日もぼくは生きてます

翼の折れたエンジェル

こんにちは豚キムチです

銀色美月@孤独の女神@kaifuku45

ぼくがTwitterで使ってる銀色美月の銀色は、詩人銀色夏生さんをリスペクトして付けました。

記事のタイトルとは関係なしね(´°-°`;)

1分39秒辺りから歌です♪再生しながら読んでくれると嬉しいかな✧*。


中村あゆみ 翼の折れたエンジェル 2008Ver Live

出会い

彼女と初めて出会ったとき、僕は22歳で彼女は19歳でした。

取引先の事務員として入社してきた彼女は、とにかく明るくて社交的で、おまけにとびきりの美人でした✧*。

当時の僕は決まった彼女を作らずに、とにかく手当たり次第って感じ( ˘~˘٥ )

もてた訳じゃなくて、とにかく数うちゃ当たる的な勢いだけで生きてたかな(´°-°`;)

19歳の彼女と仲良くなるには、それほど時間は必要なかったです✧*。

ほんとにに勢いだけはあったんやろな(笑)

彼女はいつもそばにいてくれましたね✧*。

落ち込んでる時も、病気になった時も

いつも横で笑ってくれてた・・・

結婚

プロポーズらしいプロポーズはしていない

確か電話してる時に結婚するか?って聞いたら、「うん」とすぐ返事を返してくれました

なんの迷いも無かったです(⁎ᵕᴗᵕ⁎)

愛と憎しみは紙一重

いつも一緒にいたのに、いつも寄り添って生きてきたはずなのに・・・

あの頃の二人はもうどこを探しても見つかりません。

お互い憎しみしかない今の生活はいつまで続くのでしょうか?

もしくは、いつの日かあの頃のように寄り添う事ができるのかな。。

翼の折れたエンジェル

彼女は鬱になり、日常生活に支障をきたす時期もありました。

今は薬が効いてるのか、一時期に比べると少し落ち着いてはいるかもしれません。

二人の関係がもとに戻らないとしても、彼女が再び羽ばたける日が来ることを切に願います。

その為にもぼくは負けられない

彼女の翼を折ってしまったのは、間違いなくぼくのせいです。

依存症という病気で片付けられない重罪だとぼくは思ってる。

ギャンブル依存症を病気と認めないのは、彼女に対する罪の意識がそうさせてるのかも知れません。

だからぼくは今日も生きてます

おわり