}

豚キムチ45歳 終わりが近い

豚キムチ45歳今日もぼくは生きてます

借金に苦しむ45歳。タイトルに込めた思いを今のうちに書いておきます。

こんばんは

皆さんいつもありがとうございます

おおきにです。

豚キムチ@旅する借金返済ブロガー@butakimu45

今日は朝から腰に違和感が(  ˙-˙  )

今月中にはもう一つ仕事を増やしたいと思うけど、体がもつかどうかが不安です。借金返済の為に増やすというより、もう少し生活を安定させたい気持ちが強くありきの増やすという選択ですが、果たしてどうなるのか?そんな感じです。

念のため、タイトルの本当の意味を書いておきます。

タイトルの豚キムチ45歳終わりが近いとは、借金の返済が終わる!完済まであともう少しだー的な意味合いですと今まで言ってきました。分かってる人は分かってると思うけど、本当の終わりとは僕の人生が終わるを意味してます。

45歳会社を辞めてしまったとき、心身共にガタガタでしたから。よく今日まで持ちこたえたなと自分を褒めてあげてもいいかなと最近思ったりする事もありますが、借金残して死ぬわけにはいきません。せめて完済してから良くやったと褒めてやろうかと思ってます。

返済がすべてなんかと聞かれれば、そうでもなくて、もう一度ゼロからスタートしたいと思ったりもしてきました。でもここ最近マジで苦しいです。友達もいませんし、夫婦関係は悪化して行く一方です。両親も遠く離れた場所に暮らしているため誰かに苦しい心境を聞いてもらえることもありません。

安っぽいドラマの様な台詞を父親に言ってしまいました。

先日、奥様と支払いの件でトラブルがあり、ぼくの父親も巻き込んでのいざこざがありました。その際、父親と電話で色々と話をしたわけですが

「今はとにかく働くことしかでけへんし、死ぬまで働くわ」と言いました。

父親も「しんどいと思うけど頑張ってくれ」と言ってくれました。すぐに会える距離に居ないので、電話でお話することしかできませんが、こんな僕を支え続けてくれてる両親には本当に感謝してます。電話を切る前に、言うつもりではなかったのですがポロッと口からこぼれたのが「ぼくが死んだときは子供達の事をよろしくお願いします」と言ってしまいました。まるで安っぽいドラマのワンシーンですが、父親も返事に困ってしまい

しばらく沈黙が続きましたが、やはりそういう覚悟もしておかなければと心のどこかで思ってるんやろな。

まとめておきます

毎日色んな人に出会う中で、この人とならと思い結婚して家庭を築いておきながらも、些細なすれ違いが今では憎悪以外に何があんのってくらいの関係ですが、いつまでこの関係を続けていくのだろうかと考えると目眩がします。

愛してる人に素直に愛してると言えない、争いの中でしか自分を表現出来ない

そんな哀れな豚キムチ46歳をどうぞ笑い飛ばしていただければ幸いです。

借金完済までほんとにあと少し、もう少しがんばりたい。

自分との闘いに勝つのか負けるのかは勝負してみないと分かりませんが、出来ることなら終わりたくはないと思いながら今日もぼくは生きてます。

おわり

 

応援よろしくお願いします


債務・借金ランキング